閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年12月12日 ロンドン 小嶋吉広

南ア:2011年Q3の鉱業生産統計を発表

 南ア国家統計局の発表によると、2011年Q3の鉱業生産量は対前年同期比6.7%の減少となった。鉱種別に見ると、鉄鉱石(同10.5%増)とマンガン(同16.6%増)は増加したものの、クロム(同4.5%減)、銅(23.5%減)、ニッケル(8.1%減)、石炭(3.1%減)は減少した。
 他方、2011年Q3の生産額は対前年同期比で17.7%増加し935億ZAR(115億US$)となった。鉱種別に見ると、鉄鉱石の生産額は同50.5%増加し155億ZAR、クロムは同16.6%増の21億ZAR、マンガンは同2.4%増の25億ZAR、銅は同8.3%増の13億ZARとなった。ニッケルの売上高は価格下落による影響を受け、同14.3%減の12億ZARとなった。

ページトップへ