閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2011年12月19日 ロンドン 小嶋吉広

ナミビア:Glencore、Rosh Pinah亜鉛鉱山を買収

 Glencore International plc.(本社:スイス)は2011年12月15日、ナミビアのRosh Pinah亜鉛鉱山の権益50.04%をExxaro Base Metals and Industrial Holdings(本社:南ア)より買収したことを自社のホームページで発表した。同鉱山は、首都Windhoekの南800 km、南アとの国境付近に位置し、近傍にはVedanta(印)が2010年にAnglo Americanから買収したSkorpion亜鉛鉱山がある。同鉱山は1969年より操業を行っている坑内掘鉱山であり、亜鉛精鉱の生産量は95千t/年、残存マインライフは8年と見込まれているが、現在、鉱量拡大に向けた探鉱が行われている。
 同鉱山の権益の残りは、PE Minerals社(ナミビア)及びJaguar Investments Four社(英)が30.04%を保有していることから、Glencoreはこれら2社からも権益を取得すると発表している。この結果、Glencoreの権益は80.08%となる(残りの19.92%は同鉱山の従業員が保有)。

ページトップへ