閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年12月23日 調査部 渡邉美和

中国:天津市武清区で無酸素高純度銅導体製造プロジェクト着工

 現地報道によると、天津市の2011年重要プロジェクトの一環として、天津市武清区で瑞林無酸素高純度銅導体製造プロジェクトが着工した。2013年に生産開始予定で、完成すれば中国国内でも最大規模の無酸素高純度銅導体の生産基地となる。
 天津市有色金属産業協会の副会長で瑞林導型銅排電気公司の林旭陽董事長によると、これは瑞林社により新たに年産10万tの無酸素高純度銅導体を製造可能とするプロジェクトで、総投資額は20億元(約3.1億US$)である。銅ブスバー、銅平角線、銅導体、銅ワイヤロッドなどが生産される。これにより、同社は先端技術材料市場へ進出することになる。

ページトップへ