閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年12月26日 バンクーバー 片山弘行

米:金融規制改革法に基づく鉱山保安に関する情報開示規則を採択

 米証券委員会(Securities and Exchange Commission, SEC)は、2011年12月21日、金融規制改革法(Dodd-Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act)の第1503条に基づく鉱山保安に関する情報開示規則を正式に採択したことを発表した。
 同法第1503条によると、鉱山会社は四半期毎及び1年毎にSECに対して鉱山保安及び衛生についての情報を開示しなければならないとされ、情報開示要件は連邦鉱山保安衛生法(Federal Mine Safety and Health Act of 1977)に規定される鉱山に対して適用されている鉱山保安及び衛生に関する要件に基づくものとされる。
 新たなSECの規則は連邦官報に掲載の後30日で発効となり、対象鉱山会社は鉱山ごとに以下の情報を開示しなければならないとされる。

● 鉱山保安衛生法第104条に規定される重大な鉱山保安・衛生義務違反

● 鉱山保安衛生法第104(b)条に規定される命令

● 鉱山保安衛生法第104(d)条に従うべき鉱山操業者の正当と認められない不履行に対する召喚・命令

● 鉱山保安衛生法第110(b)(2)条に規定される重大な違反

● 鉱山保安衛生法第107(a)条に規定される危険排除命令

● 鉱山保安衛生局からの評価額

● 義務違反の傾向を有する、もしくは潜在的に義務違反の傾向を有すると鉱山保安衛生局から受けた鉱山保安衛生法第104(e)条に規定される通知書

● 連邦鉱山保安衛生検討委員会(Federal Mine Safety and Health Review Commission)の前になされた係争中の法的措置

● 鉱山関係事故

ページトップへ