閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年12月27日 調査部 渡邉美和

中国:アジア最大の単一燐鉱床、プロジェクト始動

 現地報道によると、2011年12月22日、中国湖北省国土資源庁と湖北宜安聯合鉱業公司は、楊柳燐鉱区の探鉱権譲渡し協議に調印した。これにより、アジア最大の単一燐鉱床である湖北省遠安県楊柳燐鉱区の開発プロジェクトが正式に始動した。
 遠安県楊柳燐鉱区は初期探査では資源量4.29億tに達し、中華人民共和国成立以来単一では最大規模の燐鉱床であり、アジアでも単一鉱床としては最大である。平均品位は25.46%で、これにより湖北省の燐資源量は一躍全中国で第2位に躍り出た。

ページトップへ