閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年1月9日 リマ 山内英生

ペルー:政府、先住民事前協議法施行細則制定の延期を検討

 2012年1月6日付け地元紙等によると、Valdes首相は、1月23日に定められている先住民事前協議法施行細則の制定期限の延期を検討していることを明らかにした。同首相によると、期限の延期は複数の先住民コミュニティからの要請に基づくものであり、政府としても先住民事前協議法やその細則は重要であるとの認識から、延期の可能性を検討している。
 これに対してペルー経団連のGargia Miro暫定会長は、施行細則の制定期限の延期が短期間であれば問題ないが、無期限の延期は投資に対して不安要素となり、その遅延を招く可能性があると警告した。

ページトップへ