閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年1月9日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:GoldcorpがEl Morroプロジェクトの建設開始を承認

 2012年1月9日、Goldcorp(本社:加バンクーバー)の役員会がEl Morro銅・金プロジェクト(チリ第Ⅲ州)の建設開始を承認したと同社がプレスリリースした。実際の建設は、南米の冬の終わりを待って2012年9月に始められ、建設期間は5年を要する。生産開始は2017年、フル生産開始は2018年内が予定されている。最新のFSではマインライフ17年間で年間に銅を約12.9万t、金を約9.3 t生産する計画である。露天採掘での開発が計画されており、オープンピット内の確定・推定埋蔵量は5.37億tで平均品位Cu 0.52%、Au 0.49 g/tである。水の供給は脱塩海水を利用することが計画されている。Huascoの北約60 kmに建設される工場から740 ℓ/秒の農業品質の水が、193 kmのパイプラインを利用して供給される。
 El MorroプロジェクトはGoldcorp 70%、New Gold 30%の割合で権益を保有している。

ページトップへ