閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年1月9日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:Carmen de Andacollo鉱山で労働協約合意

 2012年1月7日、Teck Resources(本社:加バンクーバー)は、Carmen de Andacollo鉱山(チリ第Ⅳ州)の労働者と新たな労働協約を締結したと発表した。2011年12月31日に期限を迎えた労働協約を更新するもので、新協約の期間は45か月である。
 現在、同鉱山では2012年Q1末までに処理量2万t/年のプレクラッシャを導入する計画を勧めている。この設備は、2011年4月中旬に公式に稼働が開始された選鉱場の設計処理量到達のために導入されるものである。選鉱場は初生深成鉱体採掘に伴い導入されたもので、同鉱体の採掘により同鉱山のマインライフが約20年延長される。
 Carmen de Andacollo鉱山の権益はTeckが90%、ENAMIが10%を保有している。2010年の銅生産量は45.1千tであった。

ページトップへ