閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2012年1月10日 シドニー 栗原政臣

フィジー:Newcrestナモシ銅・金プロジェクトへの軍事政権の影響

 2012年1月7日の地元紙等によると、2009年4月にフィジーに発令されていた戒厳令は2012年1月7日Frank Bainimarama軍司令官によって解除された。このことが民主主義の回復への最初のステップになれば、Newcrest Mining Ltd.(以下Newcrest、本社:メルボルン)が69.94%を所有するナモシJVプロジェクトは開発へ向けての機運が高まるものと思われる。
 しかしながら、Bainimarama軍司令官は同時に1969年制定の”Public Order Act”の改正という形で、報道機関に対する罰則を含む規則等、様々な法令を発表している。

ページトップへ