閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年1月17日 シドニー 栗原政臣

豪:ERA社Rangerウラン鉱山は雨の影響で年間生産量低下

 2012年1月12日、Rio Tintoの子会社であるEnergy Resources of Australia Ltd.(本社:豪Darwin、以下ERA)は、2011年12月の記録的な降雨によりピット下底の高品位ウラン鉱へのアクセスが再度封鎖されたため、2012年の生産に影響が出る恐れがあると発表した。
 また、2011年U3O8生産量は6月から7月の採掘停止期間のために前年比30%減の2,641 tとなった。

ページトップへ