閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年1月20日 調査部 渡邉美和

中国:金属製錬加工産業、環境問題苦情で産業別では最悪クラス

 現地メディアによると、「環境投訴受理センター」が2011年12月に受け付けた環境に関する苦情の集計は、電話受け付け回数は378回、その内受理が44件、インターネットでの受け付けが424回、その内受理が59件などであった。12月の受理件数は11月に比べ22%減少したが、前年同期比では6%上昇した。12月の苦情の内、金属製錬加工産業に関する訴えは21件で、産業別にみると化学工業産業と同じ件数で最も多く全体の20%を占めた。
 全体の産業別分類の件数に占める割合は以下の通りである。
 1位:金属製錬加工産業と化学工業産業(共に20%)、3位:建築業(11%)、4位:製紙及び紙加工産業(7%)。

ページトップへ