閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年1月23日 バンクーバー 片山弘行

米:Cliffs Natural Resources社、2012年投資計画を発表

 Cliffs Natural Resources Inc.(以下、Cliffs社)は、2012年1月19日、2012年の予定投資額を発表した。2012年の総投資額は10億US$で、そのうち3億US$を既存事業の維持費に、7億US$を成長と生産性向上へと投資するとしている。これは、2011年の投資額である8億8,000万US$より12%増加している。
 成長と生産性向上への投資である7億US$は、Cliffs社の事業セグメントである米国鉄鉱石部門、カナダ東部鉄鉱石部門、アジア・太平洋鉄鉱石部門、北米石炭部門、オンタリオ州北部クロムプロジェクトに割り当てられる。
 米国鉄鉱石部門では、2012年には6,000万US$が割り当てられ、Empire鉄鉱山の2015年までのマインライフ延長プロジェクトに投資される。本プロジェクトにより、Empire鉄鉱山は年産約300万tの鉄鉱石が生産されるとしている。
 カナダ東部鉄鉱石部門では、Bloom Lake鉄鉱山の第2期拡張工事に4億7,000万US$を、鉄道・港湾施設の改修に4,500万US$を投資するとしている。
 アジア・太平洋鉄鉱石部門では、西豪州のKoolyanobbing Complexの拡張工事に4,000万US$を投じるとしている。
 北米石炭部門には、ウエストバージニア州の操業鉱山に5,000万US$を投じるとしている。
 オンタリオ州北部のBlack Thorクロムプロジェクトは、2015年生産開始に向け、現在プレFS段階であり、各要因やシナリオ等を評価しているところである。本プロジェクトのプレFSでは、現在までの所、鉱山開発に約1億5,000万US$、選鉱場建設に8億US$、フェロクロム処理設備に18億US$、全天候型道路など輸送インフラに6億US$が見込まれており、2012年H1にプレFSが完成するとしている。

ページトップへ