閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル
2012年1月23日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:2011年錫輸出量、後半の輸出規制にもかかわらず、前年比約4%増となる96千t

 2012年1月10日付け各社報道によれば、インドネシア商業省は、2011年の錫輸出量を前年比3.8%増の96,020 tと発表した。2011年10月に主要産地であるバンカ島錫業界は自主輸出規制を開始し、11月には輸出量が2,200 tまで落ち込んだが、その後、12月に規制が解除され、12月の輸出量は、輸出規制前の月平均水準に比べ2倍の15,103 tと大きく伸びた結果となった。
 先の輸出自主規制は、錫の国際取引価格が低迷していたことに端を発し、錫価格が23,000 US$/tを回復するまで実施されたものであるが、その後価格は回復することなく規制は解除され、また、今回、このような価格水準で輸出が大きく伸びたことは、当初の業界の目論見に反した結果となった。

ページトップへ