閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル
2012年1月23日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:錫取引所、取引開始を2012年2月に延期

 2012年1月15日付け各社報道によれば、Indonesia Commodity & Derivative Exchange(ICDX:インドネシア商品・デリバティブ取引所)は、2011年末に開設したインドネシア錫取引所において当初1月中旬に予定していた錫取引の開始を、2月1日に延期すると発表した。延期の理由は、単に時期的な問題として、1月23日の週が中国歴新年(春節)の休暇時期に当たり、その後の開始の方が、参加者の利便性がより高いと判断したためとし、取引システムなどの準備は既に完了済みとしている。
 取引所には、既に国営PT Timahとその子会社のPT Tambang Timahがセラーとして登録済みであり、その他大手のPT Koba Tin, PT Latinusa, PT Refined Bangka Tinが参加検討中となっている。また、バイヤーでは、韓国企業1社が登録済みの他、日本企業2社が参加検討中であるとしている。

ページトップへ