閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2012年1月23日 ジャカルタ 高橋健一

フィリピン:Tampakan銅・金プロジェクト、環境天然資源省が環境不適合の通知を発出

 2012年1月16日付け各社報道によれば、フィリピンTampakan銅・金プロジェクトのオペレーターであるSagittarius Mines Inc(以下「SMI」)は、申請中となっていた同プロジェクトのEnvironmental Compliance Certificate(環境適合証明)について、環境天然資源省から不適合との通知を受け取ったと発表した。通知は、露天採掘法について南コタバト州法に適合した方法の採用を求めている内容であるとしている。
 SMIは、申請は国際基準となる環境影響評価に準拠したものであり、今回の決定はこの基準に基づいて審査されていない可能性があり、直ちに再審査を求める構えである。また、これまで中央政府が示してきた「中央の方針は地方の決定に優先する」という方針と矛盾する点を指摘し、今後の鉱業投資に大きな影響を及ぼすことを示唆した。

ページトップへ