閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年1月24日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:フェニックス・マイニングファンドは今後10年で50の探鉱案件に融資

 メディア報道によると、CORFO(チリ経済開発公社)は、フェニックス・マイニングファンドに申請する探鉱プロジェクトの提出をチリの地元ジュニア企業に求めた。同ファンドは、探鉱ジュニア企業とそのプロジェクトの振興を目的としたものである。CORFO副総裁は、「フェニックス・マイニングファンドはラテンアメリカの中でもユニークな試みである。今後10年間に約50の探鉱案件に資金を提供することで、ジュニア企業による鉱山開発を促進し、チリのラテンアメリカでのリーダーシップを維持することができる」と語った。2012年1月24日に行われた式典では、CORFO副総裁とHernán de Solminihac鉱業大臣が、ファンド管理会社6社に与えられる融資限度額(15万~40万UF:約682万~1,820万US$)を発表した。
 フェニックス・マイニングファンドは探鉱を実施する中小企業(資本金9百万US$未満)振興のために設立された。プロジェクト期間は10年であるが、弁済のため2年の延長が可能である。

ページトップへ