閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年1月30日 ロンドン 小嶋吉広

ナミビア:Etangoウラン・プロジェクトの進捗状況

 2012年1月30日付けBannerman Resources社(本社:パース、ASX、TSX上場)のプレスリリースによると、2011年4月より実施しているEtangoウラン・プロジェクトに係る詳細なFSは、2012年3月末に完了する予定である。本プロジェクトはナミビアで第3位のウラン埋蔵量を誇ると言われており、精測及び概測資源量は67千t(U)、ウラン品位0.02%となっている。詳細なFSでは鉱石処理プラントの能力向上について検討がなされ、年間生産量はこれまでに比べ約20%増加することとなった。これにより生産量は2,700 t~3,600 t/年(U3O8換算)、マインライフ15年、生産開始は2013年内となる見込みである。

ページトップへ