閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年1月31日 シドニー 栗原政臣

豪:WA州労働党、ウラン政策を修正

 2012年1月25日地元紙等によると、WA州野党である労働党のMark McGowan党首は、2013年の州選挙で勝利した場合、全面禁止としているウラン開発に関する党の政策を緩和すると発表した。1月23日の党選挙で新党首に選ばれたMcGowan氏は、選挙後、新しいウラン鉱山の開発を禁止するという党の政策は変えないものの州政府の最終的な認可を取得していれば鉱山開発を許可するとした。
 この恩恵を受けるのは、Toro Energy Ltd.(本社SA州アデレード、以下Toro)のWilunaプロジェクトだけとみられ、ToroはMcGowan党首の発表直後に、労働党が勝利してもWilunaプロジェクトを継続すると発表している。

ページトップへ