閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年2月3日 ロンドン 北野由佳

南ア:ANCの調査報告書、高付加価値化など鉱山国有化以外の政策を推奨

 南ア地元紙は2012年2月2日、南アの与党アフリカ民族会議(以下ANC:African National Congress)が委託した鉱山国有化に関する調査の結果報告書の情報を独自に入手し、極秘情報であるとしながらも、同報告書の趣旨を明らかにした。報道によると、同報告書は、「資産の略奪(asset grabbing)」による鉱山国有化は憲法違反であり、南ア政府には鉱山の権益を購入する予算がないとして、鉱山国有化をしないことを推奨している。一方で、ロイヤルティ料率及び鉱業税の引き上げ、原材料の高付加価値化促進、及び未加工鉱物資源の輸出関税率の引き上げが提言されている。また同日、ANCの報道官Keith Khoza氏は「調査報告書に関してはコメントを控える。この件は、国家執行委員会(NEC:National Executive Committee)で議論される。」とコメントした。

ページトップへ