閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2012年2月6日 リマ 山内英生

ペルー:中国企業、Arequipa県で鉄鉱石探鉱プロジェクトを活発化

 2012年1月31日付け地元紙等によると、Arequipa県において中国企業による鉄鉱石探鉱プロジェクトの実施が活発化している。
 Jinzhao Mining Peru社は、Pampa de Pongo鉄鉱石プロジェクト(Arequipa県)の環境影響概要評価(EIAsd)をエネルギー鉱山省に提出した。本プロジェクトでは、15.1百万US$をかけて、18か月間に135本のボーリング調査を実施する予定である。
 一方、Junefield Group社は、AcariⅠ鉄鉱石プロジェクト(Arequipa県)の環境影響申告書(DIA)を、また、Don Javier鉄鉱石プロジェクト(Arequipa県)の環境影響概要評価(EIAsd)を提出した。このうち、AcariⅠプロジェクトでは50万US$を投資して27か月間で10本のボーリング調査を実施する計画である。
 他方、Golden Ideal Gold Mining社は2011年末にAtico、Yuquibamba、Arequipa3等の鉄鉱石プロジェクトに関する環境影響申告書(DIA)の承認を得ている。

ページトップへ