閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2012年2月8日 モスクワ 大木雅文

ロシア:Rusal、2013年半ばまでにアルミニウム生産6%減少の可能性

 2012年1月30日付け現地報道によると、Rusalのアルミニウム生産は2013年半ばまでに6%減少する可能性があると、同社のオレグ・デリパスカCEOが述べた。
 同CEOは、「現在、状況を調査中である。高付加価値製品の生産をもってしてもこれ以上採算性を確保できないと判断した場合、当社はアルコア社のように、自社工場のいずれかを閉鎖することになる。それは約6%の生産減少となり、我々の予想では今後18か月のうちに生じる可能性がある」としている。
 Rusalの2010年のアルミ生産は前年比3%増の408万3,000 tであった。2011年のアルミ生産については、同社は前年比1%増の412万4,000 tを見込んでいる。(2011年の生産実績の公表は2月13日に予定されている。)

ページトップへ