閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年2月9日 調査部 渡邉美和

ベトナム:鉱産資源の開発と利用の管理を強化

 中国のメディアがベトナム「経済時報」紙の2012年2月8日の記事を引用して報道したところによると、ベトナム資源環境省のNguyen Minh Quang大臣は、「今後、鉱産資源の開発と利用の管理を更に強化する」と発表した。
 同大臣は、ベトナムは今後も鉱産資源の開発を奨励する意向であるとしながら、「それにはより高度な加工工程も伴わせる必要がある」と語っている。また、「ベトナムとしては鉱産品の輸出は許可する方向であるものの、高度な加工を経て品質基準に達したものが輸出される必要があり、単純な鉱産品としての輸出は禁止する。更に、鉱産品の加工に際しては、先進技術、環境保護技術、資源利用率の向上などを映したものである必要があり、先進的加工技術が用いられていないプロジェクトについては暫時停止を命じる。鉱産品に対して先進加工技術が伴わないと、環境汚染を引き起こすこともあり、このような場合は開発許可を撤回する」と述べ、資源環境省では、今後、鉱産資源について探査、開発、加工、利用、輸出などの環境省資源管理を更に強化する意向を示した。

ページトップへ