閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年2月13日 リマ 山内英生

ペルー:Cusco県Chumbivilca郡で反鉱山デモ

 2012年2月10日付け地元紙等によると、ペルーCusco県Chumbivilca郡Llusco村の住民らが、Anas社やAres社の鉱業活動によって河川が汚染されているとして2月初頭から抗議行動や道路封鎖を実施していることを受け、エネルギー鉱山省Shinno鉱山次官、農業省Rheineck農業次官を始めとする政府代表者らが2月7日に現地を訪問し、翌2月8日に自治体や住民代表者らとの対話協議を行った。
 協議の結果、政府代表者らはAres社、Anabi社、Hud Bay社に対し、同地における活動を30日間中止することを求める内容の合意書に署名し、抗議行動は一時中止された。
 一方、Ares社の親会社であるHochschild社は、政府から同社に対して活動中止に関する事前の協議や公式な要請は受けていないとして、政府側の対応に困惑を示している。

ページトップへ