閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年2月21日 シドニー 原田富雄

豪:NSW州、ウラン探鉱を解禁する方向

 2012年2月15日、NSW州政府は、議会に対して同州内でのウラン探鉱を認める法案を提出した。可決すれば28年間に亘りNSW州で禁じられてきたウラン探鉱の扉が開けられることになる。
 2008年にWA州で誕生した自由・保守連合政権は、労働党政権の下で認められてこなかったウラン開発を認める姿勢に転じており、2011年3月の選挙で労働党政権から政権を奪取した今回の自由・保守連合政権であるNSW州の動きが注目される。
 また、ウラン開発を禁止している労働党政権のQLD州も、2012年3月には州選挙が予定され、その結果が注目を集めている。

ページトップへ