閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年2月21日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:CODELCOがEl Teniente鉱山新規レベル開発最適化プロジェクトのDIA認可取得

 2012年2月21日、CODELCOはEl Teniente事業所(チリ第Ⅵ州)で計画する新規レベル開発プロジェクトの最適化を目的とした作業に関する環境影響宣言書(DIA)の認可を取得した。この作業には3,550万US$が投資される計画であり、マインライフを2028年から2064年まで延長する新規レベル開発プロジェクトの最適化を目的としている。新規レベル開発プロジェクトに関する環境認可は2011年3月に取得されており、その開発のための30.4億US$の投資は同年7月に役員会で承認されている。
 新規レベル開発により、El Teniente鉱山の粗鉱処理量は現在の137,000 t/日が維持される見込み。新規レベルでは完全自動化がなされる予定で、採掘、鉱石処理、輸送が全て遠隔操作で行われる。

ページトップへ