閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年2月27日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:政府、鉱山事業者15社と鉱業事業契約見直しに合意

 2012年2月17日付け地元紙報道によれば、インドネシア・エネルギー鉱物資源省は、石炭を含む鉱山事業者15社と既存事業契約の見直しに合意したと発表した。15社のうち11社が石炭鉱業事業契約(CCOW:Coal Contracts of Work)、4社が鉱業事業契約(COW:Contracts of Work)で、これらの契約について新たな内容の合意が得られ、契約書に署名するのみであるとしている。現時点で15社の企業名及び見直し内容などは明らかにされていない。また、同省では、CCOW及びCOWの契約保持者は全部で118社あるとし、今回合意が得られた15社を加えた場合、全体の65%の再交渉がほぼ完了したとしている。なお、118社のうちCCOWが76社、COWが42社となる。

ページトップへ