閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2012年3月5日 ロンドン 北野由佳

ポーランド:KGHM、銅増産により2011年の純利益150%増

 報道等によると、ポーランドの銅生産大手KGHM(本社:Lubin、現在ポーランド政府31.79%株式所有)は、2011年の年次報告書の公表(2012年3月30日)に先立ち、2011年の事業報告及びQ4の財務報告書を発表した。その中で同社は、2011年の銅生産量が対前年比4.4%増の57万1,000 tとなり、純利益に関しては対前年比150%増の113億ZL(36.2億US$)であったことを明らかにした。同社の2011年の生産量は、電気銅が57.1万t、銀が1,260 tで、それぞれ対前年比増であった。同社のHerbert Wirth社長は「2011年の生産量が良好であったのは、賢明な資源管理の結果である。当社は増産のための戦略を実現化している。」とコメントした。また現在最終段階にあるQuadra FNX Mining Ltd社(本社:バンクーバー)の完全買収によって、2012年のKGHMの銅生産量は約10万t増となることが見込まれている。

ページトップへ