閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年3月5日 北京 土居正典

中国:国土資源部、新鉱床132か所を発見

 2012年2月の国土資源部鉱産資源速報によれば、2011年、新規に石炭、鉄鉱、銅鉱、鉛鉱、アンチモン鉱、金鉱、銀鉱などの大規模鉱床52か所、中規模鉱床80か所が発見された。新鉱床は、主に内モンゴル、雲南省、新疆、河南省、山東省、甘粛省、吉林省及び湖北省などで発見され、鉱種別では、石炭47か所、金22か所、鉄鉱18か所、リン鉱13か所、モリブデン11か所、銅6か所、鉛・亜鉛・銀それぞれ5か所、タングステン4か所、ボーキサイト・錫・アンチモン・硫黄鉄鉱・カリウム塩がそれぞれ1か所である。また、新たに増加した埋蔵量は、石炭575.1億t、鉄鉱石23.8億t、銅381.5万t、鉛445.4t、亜鉛883.3万t、ボーキサイト2.0億t、タングステン47.1万t、錫27.2万t、モリブデン323.5万t、アンチモン28.9万t、金743.6 t、銀26,803 t、リン鉱11.5億t、カリウム塩760.7万tである。

ページトップへ