閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2012年3月16日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:GoldcorpはEl Morro銅・金プロジェクト開発を継続

 Goldcorp(本社バンクーバー)は、2012年3月12日、農業共同体Huascoaltinosが行ったEl Morro銅・金プロジェクト(チリ第Ⅲ州)環境認可(EIA)への異議申し立てがAntofagasta上訴裁判所に認められたと発表した。しかしながら同社は、チリ法においては上訴裁判所の裁定はチリ最高裁に承認されない限り有効ではないとし、環境認可が無効であるとの最高裁の命令が出ない限り、El Morroプロジェクト開発を継続する意向を示した。Goldcorpによると、環境評価委員会は今回の上訴裁判所の裁定について上訴した。
 地元紙報道によると、El Morroプロジェクトの環境認可は2011年3月に承認されたが、Huascoaltinosは環境評価事務局及びGoldcorpによる地元先住民への相談がなかったとして訴訟を起こした。加えてHuascoaltinosは、環境認可プロセスが国際労働機関(ILO)の1989年の原住民及び種族民条約(第169号)に違反していると主張している。
 El Morroプロジェクトの生産開始は2017年が予定されており、最新のFSではマインライフ17年間で銅を約12.9万t/年、金を約9.3 t/年、生産する計画となっている。

ページトップへ