閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年3月16日 北京 土居正典

中国:工業情報化部、2012年は前年並みのレアアース輸出割当量を明言

 現地報道によると、2012年3月11日に中国人民大会堂で行われた記者会見で、工業情報化部苗圩部長は「2012年のレアアース輸出割当量は、前年の規模を維持し、削減しない」と明言した。
 また、「中国政府は、人為的にレアアース輸出を制限していない。2011年の輸出割当量に残量が生じたのは、レアアース価格の上昇による海外需要が減少したため」と指摘した。
 さらに、レアアース企業再編・統合に関して「再編・統合の目的は、レアアース資源保護で、今後は大手2ないし3企業に再編・統合することを目指している。内モンゴルでは再編・統合の結果、現在は包鋼希土の1社となった。しかし、その他地域では、どの企業を母体に再編・統合を進めるかは未定であり、その時期についても現在は何も言えない」と語っている。

ページトップへ