閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年3月16日 北京 土居正典

中国:多国籍経営大手レアアース企業の設立を模索

 現地報道によると、2012年3月8日午前に開催された中国の第11期全国人民代表大会第5回会議の第2回全体会議で、全国政協経済委員会李毅中副主任(前工業情報化部長)は「中国は、WTO規則に基づきレアアース輸出を実施しており、何ら制限を設けていない。また中国政府は、多国籍経営を行う大手レアアース企業の設立を考えており、候補地として内モンゴル包頭市を指定する可能性がある」と語った。
 レアアース生産地域は、主に内モンゴル包頭市、江西省贛州などに集中している。内モンゴル包頭市の指定は、包頭鉄鋼に大手レアアース企業設立を委託する可能性を示すものと思われる。

ページトップへ