閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2012年3月19日 バンクーバー 片山弘行

加:Nemaska Lithium社、水酸化リチウム生成のパイロット試験結果を公表

 Nemaska Lithium Inc.(以下、Nemaska社)は、2012年3月19日、同社がケベック州に保有するWhabouchiリチウムプロジェクトについて、パイロットプラントによる試験の結果、高純度の水酸化リチウムが生成できたことを発表した。
 パイロット試験は一段階及び多段階の重液選鉱、浮遊選鉱、乾式精錬、湿式精錬から構成され、58tのバルクサンプルを用いて実施された。選鉱試験では、重液選鉱及び浮遊選鉱を組み合わせたフローにより平均6.3%のLi2O精鉱が80%以上の実収率にて回収でき、フルスケールのプラントでは85%以上の実収率も可能と考えられるとしている。精錬試験では、重液-浮遊選鉱による約3 tの精鉱をパイロットプラントのキルンにてか焼、硫酸により焼成し、SGS Lakefieldの湿式精錬プラントに投入した。湿式精錬プラントでは、硫酸リチウムから直接、高純度の水酸化リチウムが生成された。本プロセスでは試薬は必要なく、通常プロセスで必要となる苛性ソーダの購入は不必要となり、大幅なコストの低減が図れるとしている。また、ラボスケールの試験では、高純度の水酸化リチウムからバッテリグレードの炭酸リチウムが直接生成できたとしている。

ページトップへ