閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年3月19日 ロンドン 北野由佳

ジンバブエ:Implats社、現地化・経済権限拡大法実施のため子会社株51%を譲渡へ

 南アImpala Platinum社(以下Implats社)は2012年3月13日、同社ジンバブエ子会社であるZimplats Holding社(以下Zimplats社)の現地化・経済権限拡大法の実施計画に関して、ジンバブエ政府と基本的合意に達したと発表した。
 Zimplats社の株51%のうち、地域社会に権益を移転するためのコミュニティ基金(community trust)及びZimplats社の常勤雇用者に権益を移転するための雇用者株保有基金(employee share ownership trust)にそれぞれ10%を移転し、残りの31%に関してはジンバブエ政府の国家現地化・経済権拡大基金(NIEEF:National Indigenisation and Economic Empowerment Fund)に移転される。Zimplats社株の譲渡に関する時期及び株の評価額に関してはまだ合意に至ってはいないが、独立機関が査定した公平な評価額で株の売却が行われるとされている。
 各社の報道によると、Zimplats社株の31%を購入するためには、約5~10億US$が必要とされ、ジンバブエ政府が資金調達をするのは困難であるとの見方がなされている。

ページトップへ