閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年3月26日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:Arcerol MittalとUsiminas、新港建設で協力

 Arcerol MittalとUsiminasは、Rio de Janeiro州Sepetibaに建設予定の新港(Area do Meio港)予定地の入札で協力する。両社がSerra Azul(Minas Gerais州)で開発を進める鉄鉱石プロジェクトにとって、最も低コストで大量に鉄鉱石を輸出するために必要である。この協力には、Multiterminais社(港湾運営会社)も参加する。Arcerol Mittal社は、Minas Gerais州にMina Andrade、Serra Azulで鉄鉱石鉱山を開発中で、2011年より5.3百万t/年で生産を予定している。 Mineracao Usiminas社も、Serra Azul地域で鉄鉱石を生産(生産能力7百万t/年)しているが、2015年には生産能力を29百万t/年まで増産することを検討している。Area do Meio港の建設予定地は、ValeとCSNが保有する既存の積み出し港に挟まれた位置にあり、2012年6月に入札公示が行われる予定となっている。

ページトップへ