閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年3月26日 シドニー 栗原政臣

豪:連邦政府、今後も資源・エネルギー部門の輸出額は増加すると予想

 2012年3月21日、連邦資源エネルギー・観光省・資源エネルギー経済局(Bureau of Resources and Energy Economics, 以下BREE)は、最新の資源エネルギー報告書「Resources and Energy Report」を発表、その中で2011年の資源・エネルギー部門の輸出額は1,900億A$と過去最高を記録した、と報告した。また、BREEは、2016/17年度までに輸出額は2,250億A$に達するだろうと予測し、特にLNG、鉄鉱石及び一般炭の貢献が大きいだろうと述べている。
 BREEは、輸出量を2011/12年度の2,000万tから2016/17年度には6,000万tに増加すると予想しており、2011/12年度から2016/17年度の間に鉄鉱石は62%、原料炭は47%、一般炭は65%、銅鉱石及び精鉱は77%、アルミナは29%各々増加するとしている。

ページトップへ