閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
パラジウム レアメタル
2012年3月31日 モスクワ 大木雅文

ロシア:中国とロシアによりパラジウム価格高騰へ

 2012年3月15日付け現地報道によると、パラジウム投資は今後数年、相当な収益が見込まれる。HSBCの専門家は、パラジウム価格は2012年には785 US$/ozに、さらに2014年までに850 US$/ozに上昇する見込みであるとし、しかもこの高い価格水準はその後5年間は続くと確信している。今のところパラジウム価格は700 US$前後である。
 HSBCの専門家によると、徐々に危機を脱しつつある自動車メーカーの需要が6%伸びることで45万2,000 oz(約13 t)のパラジウム不足が生じ、これが価格急騰をもたらす。
 ウラルシブのアナリスト、ヴァレンチナ・ボゴモロワ氏は、「パラジウムは、中国の自動車産業からの需要拡大と、宝飾品分野でパラジウムがプラチナを代替することにより高騰する」としている。
 インヴェストカフェのアナリスト、パヴェル・エメリヤンツェフ氏の見解では、南アフリカにおける採掘不振とロシアの埋蔵量減少により15~20 tの供給減少を招き、また、需要が伸びる。その結果、2012年にパラジウム価格は10~15%上昇する。
 また、価格上昇を左右するのは単に投機的ファクターだとする見方もある。

ページトップへ