閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル マンガン
2012年4月5日 ロンドン 小嶋吉広

ガボン:BHP Billiton、マンガン鉱山開発に関し政府と合意の見込み

 2012年4月3日付けメディア報道によると、BHP Billitonはマンガン鉱山開発に関し、現在ガボン政府と協議を行っており、近く合意する見込みである。Immongault鉱山大臣が明らかにしたところによると、4月16日に同社と最終合意に至る予定とのことである。プロジェクトの名称は明らかになっていないが、対象となるプロジェクトは現在F/Sの最終段階にあり、マンガン年産量300,000 t、マインライフ50年と言われている。
 ガボンは南アに次いでアフリカ第2位のマンガン鉱石生産国であり、ガボン政府の計画では2015年には5.7百万tまで生産を拡大し、南アを超え第1位となる見込みである。
 ガボンは現在、鉱物資源分野への投資促進を図るため鉱業法の見直しを行っており、2012年末には改訂が終わる予定である。

ページトップへ