閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2012年4月9日 リマ 山内英生

ペルー:Anglo American、Quellaveco銅プロジェクトの協議再開

 2012年4月2日付け地元紙等によると、Moquegua県のValdivia総書記官は、Anglo American、Moquegua県政府、地域住民の代表者等によるQuellaveco銅プロジェクトに関する協議会が4月10日に再開されることを明らかにした。
 今後、同プロジェクトの環境影響評価(EIA)に関しては、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)に外部評価を依頼する計画であり、今回の協議会ではUNOPSとの契約内容が定められるが、評価対象はEIAの水文調査部分のみとなる見通しである。
 なお、UNOPSは、エネルギー鉱山省の要請に基づき、2011年にTia Maria銅プロジェクト(Arequipa県)のEIAに対する外部評価を行った実績がある。

ページトップへ