閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年4月9日 北京 土居正典

中国:内モンゴル自治区、2011年レアメタル生産状況

 現地報道によれば、2011年に指令性生産計画指標を配分された内モンゴル自治区のレアメタル生産企業22社のうち、16社(企業総数の72.7%)は指標通りに、3社(同13.6%)は指標を超え、残り3社の生産は無かった。
 レアアースの鉱産品生産量は、前年と比べ9.79%減の119,211.4 tで、うち49,960.4 t(指標50,000 t)が販売され、製錬分離に使用された鉱産品は33,619 t、在庫及び備蓄が35,632 tであった。製錬分離製品の生産量は、計34,842.7 t(指標35,000 t)であった。売上額は116億元で、利潤額は72億元である。
 指標配分のあった5社の錫精鉱生産量は、前年と比べ6.7%増の810 t(金属換算量、指標900 t)、販売量は604 tで売上額は9,736万元(対前年比5.7%増)、利潤額2,720万元(同10.3%増)であった。
 指標配分のあった13社のモリブデン精鉱(45%Mo含有)生産量は、前年と比べ41%増の13,988.42 t(指標16,000 t)、販売量は13,190 tで、売上額は14.24億元(対前年比43.7%増)、利潤額6,464.7万元(同134%)増であった。
 指標配分のあった3社のタングステン精鉱(WO3換算量)生産量は、前年と比べ43.6%減の288 t(指標2,100 t)、販売量は276 tで、売上額は2,450万元(対前年比45.5%減)で、利潤額23.5万元(同95.7%減)であった。

ページトップへ