閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年4月16日 リマ 山内英生

ペルー:Puno県知事、Bear Creek Mining社の活動に注意喚起

 2012年4月16日付け地元紙等によると、Puno県のRodriguez知事は、同県内で操業を計画する鉱山会社が環境関連の法規を遵守するよう働きかけていくとの考えを示した。
 同知事は、具体的な案件としてBear Creek Mining社を挙げ、「Bear Creek Mining社はPuno県Carabaya郡で銀の開発を計画し、2012年初頭にFSを終了したが、同社の投資が環境汚染を引き起こさないようきめ細かく注意を払っていく所存である」とコメントした。

ページトップへ