閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年4月16日 バンクーバー 片山弘行

加:Avalon Rare Metals社、レアアース分離プラントのプレFS完成

 Avalon Rare Metals Inc.(以下、Avalon社)は、2012年4月12日、レアアース分離プラントに係るプレFSの結果を発表した。分離プラントに係るプレFSは独立コンサルタントであるSNC-Lavalin Inc.により、建設予定地として輸送インフラに近いことから米国南部のルイジアナ州とすることとして実施された。Avalon社は、現在、建設予定地としてメキシコ湾岸地域の土地取得に向け行動を起こしているとし、交渉中及び検討中の2か所が可能性のある場所として挙げられているとしている。
 プレFSによると、レアアース分離プラントは電力、天然ガス、水、第三者の化学製品生産者に近く、既存路線に接続される鉄道は精鉱供給と製品の船積みに適しているとの仮定に基づくとともに、年産1万tの生産能力を有するものとして実施された。レアアース分離プラントに係る試算された初期資本費は3億200万US$であり、完全な分離プラント設備、インフラ等付帯設備、間接費、予備費が含まれる。資本費のうち、最も大きな割合を占めるものは1,000以上のミキサーセトラーから構成される溶媒抽出工程の費用であり、全費用の33%以上となる1億100万US$となっている。
 操業費は、レアアース酸化物1 t当たり5,634 US$であり、消耗品やメンテナンス費用を含む。試薬に係る費用は、塩酸及び水酸化ナトリウムの費用が主要な構成要素であり、操業費のうち70%の3,934 US$となっている。
 分離プラントは、加・Nechalachoレアアース鉱床から産出された生産物を加・北西準州において硫酸焼成したのち、分離プラントに併設されるクラッキングプラントにて処理された軽希土、重希土混合の化学的精鉱(chemical concentrate)を処理するとしている。
 なお、FSはSNC-Lavalin社により実施され、2012年末の完成を予定している。

生産物 年生産量(t)
La酸化物 1,583
Ce炭酸塩 3,572
Pr酸化物 451
Nd酸化物 1,783
Sm酸化物 391
Eu酸化物 49
Gd酸化物 371
Tb酸化物 54
Dy酸化物 271
Y酸化物 1,169
Ho炭酸塩 48
Er酸化物 126
Tm,Yb,Lu炭酸塩 132
ページトップへ