閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年4月16日 ロンドン 北野由佳

ジンバブエ:鉱山大臣、2012年の同国鉱業の成長率を15.8%と予想

 2012年4月13日付け報道によると、ジンバブエ共和国のObert Mpofu 鉱山鉱業開発大臣は、首都ハラレでジンバブエ鉱業協会と朝食ミーティングを行った際、同国の鉱業成長率が2012年に対前年比15.8%増となることが予想されると言及した。Mpofu大臣は、同国の鉱業は、老朽化した設備、不十分な融資、電力不足といった数多くの課題を抱えているにもかかわらず成長し、同国の経済成長率が対前年比9.4%増を達成することに貢献するだろうと述べた。また投資家を惹きつけるためには、融資の対象となるような鉱山プロジェクトを提示する必要があり、そのためにジンバブエ政府が国営探鉱会社を発足する準備を進めていること、また投機目的での鉱区の保有を防ぐために、「“use it or lose it”(休眠状態の鉱区を国に帰属させる)原則」を施行すること等を明らかにした。

ページトップへ