閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2012年4月20日 ロンドン 北野由佳

フィンランド:Talvivaara Mining社、Q1ニッケル生産量が前期比29%減

 Talvivaara Mining社(本社:フィンランド)は2012年4月19日、2012年Q1の生産量を発表し、ニッケル生産量が前期比29%減の3,374 tであったことを明らかにした。ニッケル減産の背景には、2012年1月に新しい水循環システムを設置するために金属回収プラントを一時停止したこと、3月にSotkamo鉱山で死亡事故が発生した後に安全衛生向上のため鉱山操業を一時停止したこと等が挙げられる。またニッケル価格が、2012年初めには1 t当たり21,000 US$以上であったが、2~3月には17,000~18,000 US$に引き下がったことも影響し、今期、同社は営業損失を計上した。
 同社の2012年のニッケル生産目標は25,000~30,000 tで変更はないが、Q1における減産をうけ、最終的なニッケル生産量は25,000 t前後になると予想されている。

ページトップへ