閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年4月27日 サンティアゴ 縫部保徳

アルゼンチン:Vale、Río Coloradoカリウム・プロジェクトの可否を見直し

地元メディア報道によると、ValeのMulio Ferreira社長はアルゼンチンのインフレ、政情不安、YPF社接収などを理由として、Mendoza州のRío Coloradoカリウムプロジェクトの可否につき目下見直しを行っていることを認めた。同プロジェクトは投資額59億US$で、2014年H2より240万t/年の塩化カリウム生産が計画されている。

ページトップへ