閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年4月29日 メキシコ 高木博康

メキシコ:加Baja社、El Boleo多金属プロジェクトの開発コストが当初比21.5%増

 Baja Mining Corp.(本社:バンクーバー)は、メキシコ・バハ・カリフォルニア・スル州に保有するEl Boleo多金属プロジェクトの開発コストが246百万US$増加し、当初比21.5%増の総額1,143百万US$になる旨2012年4月23日付け同社HPに公表した。コスト増加要因は、選鉱プラントの設計変更及び鋼材、燃料等の値上げによる。同社は、今後、債権者及びJV相手と増資の交渉を行うとしている。
 同プロジェクトは、Baja社70%及びKORES(韓国鉱物資源公社)を筆頭とする韓国企業団30%権益保有のJVプロジェクトである。2011年6月からは露天採掘、9月からは坑内採掘を開始しており、2012年中のプラントの完成を待って、2013年Q1から鉱石の生産を開始する予定となっている。最新の技術レポートによるとマインライフは23年で、年平均生産量として銅38,100 t、コバルト1,600 t、亜鉛29,500 tが見込まれている。

ページトップへ