閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2012年4月30日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:Rockwood Litio(前SCL)、第Ⅰ州~第Ⅲ州の塩湖でリチウム探鉱

 地元メディア報道によるとRockwood Litio(前SCL: Sociedad Chilena del Litio)は、炭酸リチウムの年産量を54千t/年とするため、2013年末までにチリ国内で1.5億US$の投資を予定していると発表した。また、同社は生産増のためにアルゼンチン、ボリビアでの投資も検討している。
 Eduardo Morales社長によれば、現在、第Ⅰ州~第Ⅲ州の塩湖でリチウム探鉱を実施中である。これまでのデータでは、これら塩湖のかん水中のリチウム濃度は200 ppmでAtacama塩湖(1,500 ppm)に比べかなり低い。
 リチウム採掘を許可するリチウム開発特別契約(CEOL: Contratos Especiales de Operación de Litio)について、Morales社長は「リチウム開発特別契約を介してリチウムの開発・生産を促進する政府の施策は妥当である。リチウム市場はダイナミックに拡大しており、何もせず座して待つべきではない。」と述べた。同社長はリチウム開発特別契約の入札に参加するかどうか検討中であると述べた。

ページトップへ