閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2012年4月30日 リマ 山内英生

ペルー:Bresciaグループ、Mina Justa銅プロジェクト権益を取得

 2012年4月24日付け地元各紙によると、Bresciaグループは、CST Resourcse社(本社:CST Mining Group、中国)の株式100%を5.05億US$で買収したと発表した。CST Resources社は、Mina Justa銅プロジェクト(Ica県)の権益を有するMarcobre社の株式70%を所有している。
 Bresciaグループはペルー国内外で様々な事業を展開しているが、銅を対象とした事業への参入は初めてとなり、今回の買収は同社にとって重要な成長戦略の一環であるとしている。
 CST Resources社は2010年に2.4億US$で同プロジェクトを取得後、2011年にはGlencoreに対して4.75億US$で売却するMOUを締結したが、同年末に交渉は物別れに終わり、売却は実現しなかった。
 Mina Justa銅プロジェクトは既に環境影響評価(EIA)が承認されており、必要投資額は7.45億US$、年間生産量は11万tと見込まれている。
 なお、同プロジェクトの残りの権益30%はLS Nikko Copper社及びKORESがそれぞれ15%ずつ所有している。

ページトップへ