閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2012年4月30日 ロンドン 小嶋吉広

コンゴ共和国:鉱山・地質大臣がMbalam鉄鉱石プロジェクトの開発を承認

 Sundance Resources社(本社:パース)の2012年4月20日付けプレスリリースによれば、コンゴ共和国とカメルーンとの国境に位置するMbalam鉄鉱石プロジェクトに関し、Oba鉱山・地質大臣はNabeba鉱床に係る開発・採掘申請を承認し、閣僚会議に対し開発・採掘許可発行について勧告した。Nabeba鉱床はMbalamプロジェクトで最も探鉱ステージの進んだ主要鉱体であることから、同プロジェクトは実現に向け大きく前進することとなった。
 Mbalamプロジェクトは中国の韓龍集団(Hanlong Mining)が16億A$で買収することを昨年発表しているが、買収に当たっては政府からの開発許可取得が条件となっていた。今般、鉱山・地質大臣による承認が得られたことで、2014年Q4の生産開始に向け、インフラを含めた鉱山開発が加速される。同プロジェクトの精測・概測鉱物資源量は621百万t、平均鉄品位39.65%であり、Nabeba鉱床にはその約6割が賦存していると言われている。年間生産量は35百万t、マインライフは少なくとも10年を予定している。

ページトップへ