閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
パラジウム レアメタル
2012年5月4日 ロンドン 北野由佳

英:Thomson Reuters GFMS社、パラジウムの需給動向を発表

 英国の貴金属調査会社Thomson Reuters GFMS社は2012年5月3日、『PLATINUM & PALLADIUM SURVEY 2012』を開催し、白金及びパラジウム市場の需給動向を調査した『白金・パラジウム統計2012』を発表した。
 パラジウムの2011年需給動向及び2012年の予測は以下のとおりである。
 2011年のパラジウムの需給バランス(在庫放出及び投資活動を含まない)は、31.3万ozの供給不足となった。
 需要に関しては、自動車触媒用のパラジウムの需要が対前年比5%増の過去11年間で最大の552.9万ozとなった。要因はガソリン車における需要が増加したことと、ディーゼル車において白金からの代替利用が増加したことが挙げられる。一方、宝飾用パラジウムの需要は、中国の需要が大幅に減少したことから、対前年比15%減となった。
 供給面では、鉱山生産量が、カナダでの大幅な増産に加えて、南ア、ジンバブエ及び米国でも増産となったことから、対前年比3%増の683.7万ozとなった。二次生産に関しては、自動車触媒回収量は対前年比12%増、宝飾用パラジウムの回収量は同22%増となり、パラジウムの全体の供給量は同5%増の850.4万ozとなった。
 2012年には、供給量には大幅な変化は予想されないが、自動車触媒用のパラジウムの需要がさらに伸びる見込みであることから、2012年には供給不足の幅が広がる見通しである。2012年のパラジウム価格に関しては、575~775 US$/ozの価格帯での取引となると予想した。

表1.パラジウムの需給(2010、2011年)(単位:千oz)

  2010年 2011年 対前年比(%)
パラジウム供給 8,082 8,504 5
パラジウム需要 8,669 8,817 2
需給バランス -587 -313 -47
ページトップへ