閉じる

ニュース・フラッシュ

2012年5月5日 モスクワ 大木雅文

ロシア:中国、2012年にもトゥワ共和国の採鉱選鉱コンビナートを操業開始予定

 2012年4月19日付け現地報道によると、Lunsin(中国・紫金鉱業の子会社、本社:トゥワ共和国トオラ・メム市)は、2012~14年シベリア・トゥワ共和国最大の採鉱選鉱コンビナート建設とクィズィル・タシティグスコエ多金属鉱床(同共和国首都クィズィルから北東200㎞)の開発に30億ルーブルを投資する予定である。
 2009年、トゥワ共和国政府とLunsinは官民パートナーシップ条件整備に関する協定に調印した。Lunsinは共和国住民に雇用の50%を提供し、インフラ及び社会的施設の資金調達に参加する義務を負っている。

ページトップへ